さぽろぐ

  日記・一般  |

新規登録ログインヘルプ


2018年06月13日

貯蓄預金の徹底比較

こんちわ^^



ざっと比較してみた時、貯蓄預金はそれぞれの預金方法の良いところをピックアップした、非常に使いやすいものと言えるのではないでしょうか。
貯蓄預金にも、当然ながら弱点はあります。
特に、金利に対してはその差が顕著なようで、単純に「貯蓄預金を」ではなく「どこの銀行で」から選別作業は始まると言われます。
ブログやサイトから、貯蓄預金についてより詳しい情報を収集する事ができます。
また、金利についても極端に期待できるという程ではないようです。
普通預金の場合、基本的にお金を動かす事に制限はありません。
記憶があいまいということにします???


  


Posted by micchon39 at 13:03日記

2018年06月12日

貯蓄預金の金利

こんちわ^^



何と言っても、貯蓄預金は普通預金のように制限される事無く自在にお金を出し入れする事ができます。
貯蓄預金について、ブログやサイトから情報を収集して参考にしてみては如何でしょうか。
普通預金のように自由でありながら、普通預金以上の金利が期待されているのが貯蓄預金です。
厳密に言えば、預金方法について正解というものはないかもしれません。
しかし、一概に貯蓄預金などからどの預金システムが一番かを決める事は不可能であり無意味と言えるかもしれません。
もちろん、多くの場合がメリットとして働くであろう事は言うまでもありません。
記憶があいまいということにします???


  


Posted by micchon39 at 13:03日記

2018年06月11日

貯蓄預金

こんちわ^^



普通預金よりも貯蓄預金の方が、多くの場合でメリットが多いようです。
同じ貯蓄預金と言っても、定期預金や定期積み立てではそう自由にお金を引き出すことは出来ません。
知らなかったでは済まされない分野なので、貯蓄預金を利用したいと思ってもすぐ銀行へ駆け込むのは自重したいです。
各銀行によって差があるのですが、だいたい10万円からを目処に貯蓄預金の方が普通預金よりもお得度が増すとされています。
一方で、利息に対する課税や各種手数料など、普通預金に比べて貯蓄預金はやや複雑化しているかもしれません。
ただ単に利率がお得だから、といった理由だけをみて貯蓄預金のみを選択すると思わぬ落とし穴が待っているかもしれません。
記憶があいまいということにします???


  


Posted by micchon39 at 13:03日記

2018年06月10日

ガソリン税のトリガー制度

こんちわ^^




ガソリン税からの税収が減ってしまうと、東日本大震災の被災地の復興にも大きな影響が出てきます。
そして、その後3ヶ月連続して130円を下回ると、元の税額に戻されるという仕組みになっています。
まずは、震災被災地の復興のための財源を確保することを第一に優先させることにした、ということです。
現在ガソリンの小売価格は1リットル150円に近くなってきており、ガソリン税のトリガー制度の発動が起こりうる状況であることも、凍結の決め手となったのかもしれません。
皆さんもよくご存知のように、震災被災地はこれからもう一度、街を作り直さなければならないのですから
記憶があいまいということにします???


  


Posted by micchon39 at 13:03日記

2018年06月09日

ガソリン税と軽油税

こんちわ^^




ガソリン税と軽油税は、道路を作ったり補修したりするという目的で徴収されている目的税と呼ばれる税金に分類にされます。
しかし軽油の場合には、作る時の税金はかからず、売ることに対して軽油税だけがかかってくるので、ガソリン税とは違ってくる、というのが分かりました。
でも結局、ガソリン税に消費税をかけた金額を支払っているのは消費者であって・・・上手く言いくるめられているような感じです。
ガソリン税を含め、私たちは日常生活の様々な場面で税金を支払っています。
今回はたまたまガソリン税と軽油税の違いに気付くことができましたが、自発的に調べていくことも必要ではないのかとつくづく感じる出来事でした。
ガソリン税のような目的税以外は、支払っている税金が何にいくら支払われているのか、よくわからないままにしてしまっているような気がします。
記憶があいまいということにします???


  


Posted by micchon39 at 13:03日記

2018年06月08日

ガソリン税が安い米国

こんちわ^^



ガソリン税は現在、日本で引き上げられ問題となっています。
しかし、本当に日本のガソリン税は高いのでしょうか。
ガソリン税を引き下げることを主張したり、その場しのぎで減らすのは選挙のためでしかないと主張したりといった感じです。
ですから、ガソリン税引き下げという主張も一見ありがたいことのように思えますが、この引き下げが議会で通るとは思えません。
ガソリン税の引き上げもやむなしなのかもしれません。
日本のガソリン税について私たちも勉強し、少しクールダウンした頭で考えてみるのもおすすめです。
記憶があいまいということにします???


  


Posted by micchon39 at 13:03日記

2018年06月07日

ガソリン税の不思議な復活

こんちわ^^



それによって、まるでいなかったかのようなガソリン税が復活したように見えても不思議ではありません。
この復活劇は、大きく景気後退に拍車をかけ、気がつかなかったガソリン税というものにフォーカスを当てたのです。
ガソリン税は今までずっと安定していたものでしたが、この暫定税率の復活により、いきなり引き上げられました。
ガソリン税が引き上げられたのも、この暫定税率が復活したことにより、国会でかなりもめましたが、結局、引き上げは行われたのです。
ガソリン税についての情報を得ていくうちに、その理由がわかってくるかもしれません。
記憶があいまいということにします???


  


Posted by micchon39 at 13:03日記

2018年06月06日

ガソリン税と消費税の酷似点

こんちわ^^



そして今、ガソリン税は一般財源化を求められていますから、一般財源化してしまえば、まさしく消費税と同じ道を進んでしまうのではないでしょうか。
ですからガソリン税を一般財源化することは、危険が伴っています。
ガソリン税は本来、消耗した道路の保全や必要な地域に道路を建設するために使われるものです。
しかしちょっと目を離した隙にガソリン税が一般財源化されてしまうと、まさに消費税のように本来の目的とは違う使われ方をされてしまいそうです。
このガソリン税と消費税の在り方は非常によく似ています。
現に今、ガソリン税を使って、新しい道路を建設すべき地域があるのですから、本来の使われ方をすべきことなのです。
記憶があいまいということにします???


  


Posted by micchon39 at 13:03日記

2018年06月05日

ガソリン税と値上げ

こんちわ^^



ですからガソリンを多く使えば使うほど、税金をガソリン税という形で多く支払っていることになります。
これは煙草と同じで、ガソリン代の中にガソリン税が含まれているからです。
原油高騰とガソリン税の引き上げで、ガソリンを値上げしなくてはならないうえに、それほども利益も出ないのですから、やりきれませんね。
やはりガソリンスタンドもボランティアではないですから、ガソリン税が引き上げられた分、値上げをしないと売上が出なくなってしまうのです。
また集客のために、ガソリン税が上がっても値上げをしなければ、ガソリンは売れるかもしれませんが、利益がほとんど出ない状態になってしまいます。
記憶があいまいということにします???


  


Posted by micchon39 at 13:03日記

2018年06月04日

ガソリン税の暫定税率

こんちわ^^



そしてその結果、ガソリン税があがったことで物価も上がり、家計を圧迫している状態です。
ガソリン税の暫定税率についてインターネットなどで見てみると、必要かどうかがわかってくるはずです。
しかし政府に言わせれば、あくまでも暫定なのだから今はガソリン税があがっても耐えてほしい、ということになるのでしょう。
現実的に永久ではないから、とガソリン税に暫定税率をかけ、結果的に増税してしまったのですから、なんともいいがたいところです。
ガソリン税の暫定税率は本当に必要なのかは、本当に道路が必要な地域に道路を建設するためなら必要です。
記憶があいまいということにします???


  


Posted by micchon39 at 13:03日記