さぽろぐ

  日記・一般  |

新規登録ログインヘルプ


2018年10月12日

ユーロの為替

こんちわ^^



そして、ユーロが下がると、米ドルに資金がシフトしていくという具合になります。
EUが、ユーロの生みの親になりますが、EUには、フランスやドイツ、イギリスをはじめ、たくさんの国が加盟しています。
イギリスのように、EU加盟国でありながら、ユーロを導入しない国もありますが、モナコ公国やバチカン市国など、EUに加盟していない国でも導入しているところがあります。ユーロというのは、米ドルに続く第二の基軸通貨として知られており、取引量、信用度などを総合すると、米ドル、円とともに主要3通貨の1つになります。
もし、ユーロが高くなると、当然、ヨーロッパへの旅行がこれまでより、高価になります。
つまり、ユーロが高くなることで、現地での小遣いが目減りするということが起こります。
記憶があいまいということにします???


  


Posted by micchon39 at 13:03日記